water_leak
トラブルにもその兆候がはっきりしているものと、まったく分からないものがありますが、水まわりのトラブルとは、まさにその兆候がまったくないものの代表かもしれません。
特に自宅のトイレは毎日使うものですから経年劣化というのはどうしても生じてきます。使用頻度が高い分、たとえばその家が大家族であった場合などはこの傾向が加速されるのではないでしょうか。
わたしの場合は当時一人暮らしでしたが、それでもトイレの水漏れに気がついたのは、まったくの偶然からでした。トイレで用を足したとき、わたしのシャツのボタンが取れてトイレの床にころがったのです。男の独り暮らしで普段からトイレの掃除などしていませんから、こういうときは嫌な気分になるものです。それでそのボタンをひろったとき、妙な湿気があることに気がついたのです。それは床が汚れているとかそういうことではなく、少量ではあるけれども明らかにどこかから水が流れてきているという感じでした。
すぐに濡れている床の範囲を確かめましたが、どうやら便座の半分からうしろ、トイレタンクの方面が濡れているということがわかりました。最初に考えたのは便座のどこかが割れているのではないかということです。これは以前勤めていた職場の休憩所に置かれていた噴水のオブジェの台座がひび割れして水が漏れているのを見ていたからかもしれません。
しかし結局便座にひび割れは見つからず、トイレタンクの給水管にも異常はありませんでした。
しかたがないので大家さんに連絡して水道修理業者さんを呼んでもらいました。業者さんが点検した結果、水漏れの原因はトイレタンクと給水管の接合部分の劣化と判明しました。わたしが給水管を確認したときは気がつかなかった僅かな異常を、業者さんはいとも簡単に見つけていたのです。そのままほっておくとある日突然タンクの大量の水が漏れだすこともあるそうで、早めに発見されて良かったとのことでした。